日本基督教団 西片町(にしかたまち)教会へようこそ!バリアフリーの教会です。 どなたでもいらしてください。

2020年3月1日 主日朝礼拝説教「家は香油の香りで充ち」

2020年3月1日 主日朝礼拝説教「家は香油の香りで充ち」

ヨハネ福音書12:1~11 山本裕司 牧師

「家は香油の香りでいっぱいになった。」(ヨハネ福音書12:3)

 今朝、朗読頂きましたヨハネ福音書の御言葉は、主イエスが再びベタニア村に行かれた時のことでした。その時、ラザロとその姉妹の家で、イエス様のために夕食が用意されました(ヨハネ福音書12:1~2)。この晩餐会は、イエス様に対する「感謝会」であったと推測されます。イエス様がラザロを復活させて下さったからです。そこで印象深い出来事が起きました。ラザロの姉妹マリアがナルドの香油を主イエスの御足に塗り、自分の髪で拭ったのです。ナルドとは、ヒマラヤの高地に生育する植物で、古代からインド人が薬草や香料に用いてきました。名のナルドとはサンスクリット語で「芳(かぐわ)しい」を意味します。遠路、イスラエルに輸注されたもので、大変高価なものでした。それが1リトラ(326グラム)塗られた時、ユダが、12:5、何故、この香油を300デナリオンで売って、貧しい人に施さなかったのかと咎めました。300デナリオンとは、一人の人の年収に当たります。

 香りとは今の私たちの間でも贅沢品ではないでしょうか。女性が高価な香水を得た時、大切に一滴一滴、使っていくものではないでしょうか。その一滴も、衣食足りて、その次に、ようやく香りがくるのではないでしょうか。香りは少しも腹の足しにならないからです。香りは目に見えるものとして、何も残らないからです。やがて風が吹くと、その香りはどこかに飛ばされしまいます。それは儚い。そう思うと、ここでユダが「もっと確かなものを」と、香油を売って貧しい人に施せば、それはどんなに実質的意味を持ったであろうか、そう言った気持ちが分かると思います。しかしその香油を御足に受けている主は言われました。「この人のするままにさせておきなさい。わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから。」(12:7)

 私はこのナルドの香油の物語を、特別に愛してきた者の一人です。それは45年前、北森嘉蔵先生の『神の痛みの神学』を読んだことに係わります。それによると、この物語の並行記事では、このベタニアの物語の直前に主は貧しい者への施しに生きることこそ、主を愛する道であるという教えがあるのです(マタイ25:34~40)。だからこの時、弟子たちは言った「なぜ、こんな無駄使いをするのか。/高く売って、貧しい人々に施すことができたのに」(マタイ26:8b~9)と。それは先の御言葉を応用したことに他ならない。だから弟子たちは当然イエス様よりお褒めの言葉を頂けるものと思った。しかしそうではなかった。イエス様はマリアの方を誉め、その理由を「わたしを葬る準備をしてくれたから」と言われた、そう指摘して北森先生はこう続けられるのです。

 「我々はこの御言葉に至って、始めてこの出来事の真相を示される。この真相を知って我々は、あたかも電気に撃たれた如く根底より震撼させられるのである。注意せよ、今イエスは葬られんとしている。神の独子が、つまり神御自身が、今葬られようとしている!この真相を示された我々は、もはや一切のことを忘れるであろう。我々はもはや他のいかなる事柄にも関心をもち得なくなるであろう。神が痛んでおられる。この事実の前では他のいかなる現実の痛みも色あせるであろう。現実の痛みを一切忘却するほどに神の痛みに関心をもつ者のみが、真に神の痛みを見た者である。…福音に仕える者はこの女の如くならざるを得ない。」

 この北森先生の言葉は、教会にとって、福音も社会問題も両方大切だ、という当たり前のような話ではありません。御子イエスの十字架の死の前に、つまり「神の痛み」の前に、人間の一切の痛みは色あせる、とまで言ってのけるのです。新型ウイルスもそうですが、これほどの人間の痛みが渦巻く世において、どうしてこんなことが言えるのか、と私たちは訝るほどです。やがて北森先生は1970年の所謂、万博問題に端を発する、教会の社会的責任を問う戦いの中で、徹底的に社会派から攻撃されるようになりました。問題提起者から平手打ちの暴力を受けるまでになったのです。

 しかし主ははっきり言われた。「この人のするままにさせておきなさい。わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから」(ヨハネ12:7)と。主がこう言われた、その理由を、福音書記者自身はト書きのように記しました。「彼(ユダ)がこう言ったのは、貧しい人々のことを心にかけていたからではない。彼は盗人であって、金入れを預かっていながら、その中身をごまかしていたからである」(12:6)。その金を何に使っていたのでしょうか。皆から信頼を受けて会計係を任されるほどの弟子であったのですから、遊びに使ったとは思われないのです。これは推測ですが、ユダはイエス様を政治的メシアと理解していたのではないでしょうか。ローマ帝国に支配されている、その痛みの中にあるユダヤ人を解放する革命家としてのイエスを期待していたのではないでしょうか。ユダは「主イエスの群れ」(教会の前身)会計で、剣を買い集めていたかもしれない。そういう「神のもの」を「人間の業」に流用したことを「盗み」とヨハネは表現したのかもしれません。ユダも良かれと思ってしたのでしょう。しかし、主の御心では、人間の痛みを真に癒やすものは剣ではなかったのです。神(イエス)の痛みこそが、人の痛みを根本的に癒やすのです。しかしユダは剣に代表される人間の力に頼った。それは目に見える力しか信じなかったということです。

 ユダは使徒パウロの信じたことを知らなかったのです。二コリント4:18「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」

 目に見えないものとは、主イエスの愛、慰め、何よりも罪の赦しです。それは美しい。しかしそれは一瞬の香りのようなもので、霞のように消えていく。それで社会が変わるわけではない。武器のリアリズムこそ、この世を救済するのだ。ユダは何度も意見したかもしれない。そのユダの心において、この世で一番現実的なものは何か、それは金です。
 ある人は言いました。ユダはマリアに、この香油を300デナリオンで売れば良いと言った。そのユダの道はやがて主イエスを銀貨30枚で売ることに続いていくと。ユダも、イエス様を愛していたと思います。しかし北森先生は言った。「他の全てのものが色あせてしまうほどに」、その主イエスに集中する愛がここで求められていた、それが信仰です。

 イエス様に対する感謝会であったベタニアの晩餐会、そこにユダと正反対の人たちがいました。ラザロと姉妹たちです。その時、マリアは主の御足に油を塗り自分の髪で拭いました。当時、女性の黒髪は女の命であった、それは誰にも触らせないものであった、そう言われます。その髪で主の御足を拭った。そこにあるのは、主の御足に対する全てを忘れ去ってしまうほどの愛です。主はその御足を用いてベタニアに来られました。それがそもそも主イエスの命懸けの行為だったのです。主はかつて、10:40(新188頁)ですが、何故都エルサレムからヨルダン川向こう側へ行かれていたかというと、それは、ユダヤ人が主を石で打ち殺そうとしたからです。避難された。そこからエルサレム近くのベタニアに戻るということは、弟子たちが言ったように死を覚悟しなければ出来ないことでした(11:8、11:16)。しかし主の御足は砂漠を越えてベタニアに向かう。そこでラザロを復活させたことで、益々ユダヤ人の主イエスに対する殺意は決定的となっていました。11:54によると、主は公然とユダヤ人の間を歩くことも出来ないような状態になり、感謝もろくに受ける暇なく、急いで辺境のエフライムに逃れていかれる(11:54)。しかし、今朝の御言葉にあるように、主は春の過越祭が近づいた時、再びベタニアに来られたのです。そしてラザロたちにとって、念願であったと感謝の晩餐が開かれたのです。それは荒野を越える長い旅でした。その旅で、主の御足は砂埃でひどく汚れていたことでしょう。その御足の汚れとは、人の殺意・罪の汚れが形をとってしまったものではないでしょうか。

 この感謝会の後、主イエスは都に向かいます。先週の「灰の水曜日」から始まったレントの期節とぴたりと重なるように、このヨハネ福音書は、主の御受難の物語をここから語り始めるのです。主はその御足を引きずりながら、十字架を背負いゴルゴタの丘に上られる。そしてこの御足に釘を刺されるのです。そこから御血潮が全て注ぎ出されたことでしょう。その主の私たちに対する献身を示す御足に、その御足の痛みに、マリアもまた、自分の持っている最高のものを全て献げて応えようとしたのです。ある牧師は、いくら献金をしたら良いのですかと問われた時、痛いと思う金額を献げなさい、と指導されたそうです。その時、12:3「家は香油の香りでいっぱいになった」のです。マリアの感謝、マリアの献身、マリアの愛が香りとなって満ち溢れたのです。

 同じ死であってもラザロの死は、逆に、11:39「…もうにおいます」とマルタが言ったように、「死臭」が墓から溢れ出てきていた。しかしそれとまことに対照的に、主の葬りは、ナルドの名の通り、芳しい香りと結び付くのです。主イエスは死をもって死を滅ぼすからです。主の死は、死に対する勝利であって、そこから溢れてくるのは、復活の芳しい香りなのです。そして主はその香りを独り占めすのではない。既に、その永遠の命を以てラザロの死を討ち滅ぼすことによって、ラザロの死臭を吹き飛ばして下さるのです。主はそうやって、自らの死の痛みを通して、人の痛みを癒やそうとされるのです。そこで、12:3「家は香油の(命の)香りでいっぱいに」なるのです。

 ある人は言います。マリアの行為を浪費と言うなら、主イエスの行為も、どうして浪費ではないであろうかと。私たちは、主の命に、御血潮に本当に値する存在なのでしょうか。一時、主への感謝を口にした人が、やがてもう感謝を語らなくなる、そうやって教会を去って行く、そういうことがあるのではないでしょうか。私たちの信仰は一吹きの風で消えていく香りに似ている。ここに残る私たちの心も似ている。しかし主はそのような私たちにご自身の全て注ぎ出して下さるのです。それがたとえ浪費に見えても。何故か、理由は一つです。私たちに対する愛の故に。私たちの痛みを可愛そうに思ったからです。この神の愛にマリアは全人類を代表して、全身全霊をもって、応えようとしているのです。そしてそれはマリアだけではありません。マルタもそうです。「給仕をしていた」(12:2a)とあります。これは「奉仕していた」と訳せる言葉です。マルタはここで主の弟子となっているのです。そして肝心のラザロは「イエスと共に食事の席に着いた人々の中にいた」(12:2b)。彼は何も言いません。しかし主イエスと共なる食事の席に座っています。それが実はラザロの大いなる証しなのです。主の晩餐に共に座るということは、彼にとって、命懸けのことだからです。実際「祭司長たちはラザロをも殺そうと謀った。多くのユダヤ人がラザロのことで離れて行って、イエスを信じるようになったからである」(12:10~11)と記されています。イエスが命を生み出す神御自身であることの生き証人を、抹殺したいのです。既に、主の食卓(聖餐)に共に座ることは、命を主に献げる殉教の覚悟なくして出来ることではなかったと言われているのです。

 この兄弟姉妹はそうやって身も心も主に献げました。どうしてそんなことが出来たのでしょうか。繰り返し申します。主イエスが先ずお命を捨てる痛みをもって、この家族を愛して下さったからです。神の御子が命を差し出す恐るべき浪費、それに何とか応えようとする私たちの浪費、それが私たちの献身なのです。繰り返します。私たちの人間の痛みを真に癒やすのは、神の痛みのみなのです。だから私たちは、マリアと共に、主の死、時に全てを忘れ去るほどに、その痛みに集中するのです。それが今始まったレントの心です。そのことをユダに、つまり社会派に、知って欲しいと思う。

 祈りましょう。 主なる父なる神様、御子が私たちのために、命を献げて下さったことを特別に覚えるこのレントの日々、そのあなたのお痛みに、少しでも、応えることが出来ますように。ウイルス感染症予防のために、今朝の第一主日、私たちはこの食卓に杯とパンを用意出来ませんでしたが、まさに、心痛む朝ですが、心では等しく、小数ですが、御子のご献身に応える、私たちの精一杯の献げ物である、今朝の礼拝を、芳しい香りとして、主よどうぞお受け取り下さい。

 この後、声に出すことは出来ませんでしたが、心で私たちはこう歌った。「主は命を 惜しまず捨て その身を裂き 血を流した。この犠牲こそが 人を生いかす。その主に私は どう応えよう。」(『讃美歌21』513、1節)


・引用出典は、日本聖書協会『聖書 新共同訳』より 。

聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会  Executive Committee of The Common Bible Translation
           (c)日本聖書協会  Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988



a:241 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional