日本基督教団 西片町(にしかたまち)教会へようこそ!バリアフリーの教会です。 どなたでもいらしてください。

2020年2月23日 主日朝礼拝「死を命に、悪を善に、変える神」

2020年2月23日 主日礼拝「死を命に、悪を善に、変える神」

ヨハネ福音書11:45~57 山本裕司 牧師

 「一人の人間が民の代わりに死に、国民全体が滅びないで済む方が、あなたがたに好都合だとは考えないのか。」(ヨハネ福音書11:50)

 2週に亘って、私たちは、ラザロの復活の物語をここで読みました。なお語り足りない気持ちです。それで、また戻ってしまうようですが、「ラザロ、出てきなさい」(ヨハネ11:43)という主の大声のことを付け足したいと思います。これは、私たちが語る、小さな声ではない。いえ、私たちも時に大声を出します。しかしそれは、益々、薄っぺらな空虚な言葉、何も生み出さない、つまり小さな言葉でしかないことが殆どです。主の御声はそうではありません。厚みある大きな言葉です。この大声が一度発せられれば、それが現実となる言葉です。死臭漂うラザロの墓の前の、主イエスの大声、「ラザロ、出てきなさい」、それは、旧約の天地創造の主の言葉「光あれ」に匹敵する力ある言葉です。もっとはっきり言えば、まさに創造主が、今、ラザロの墓前で、命の光を再創造されたと言ってよい。あるいは、奴隷の国エジプトから民を解放した神、その御名「わたしはある、わたしはあるという者だ」(出エジプト3:14)、その主なる神が、死の奴隷状態から、人を解放して下さったと言ってよい。救いを実現する大声です。

 真の大声を持つ神の「言」(ヨハネ1:1)そのもののお方が、まさに、ここにある、のです。何と言う福音でしょうか。どんなにそれを目撃した人たちは歓喜したことであろうかと思います。ところが、あに図らんや、私たちが今朝読んだのは、「この日から、彼らはイエスを殺そうとたくらんだ。」(11:53)という言葉でした。そして、私たちは、11:55で、今週「灰の水曜日」を迎え、レントの期節に入るこの時とぴたりと重なり合うように、物語においても春の過越祭が近づいたことが知らされるのです。そして、12章から、ヨハネ福音書の第二部と言うべき、主イエスの最後の一週間、受難週の記事に早くも入って行くのです。

 そうであれば、この11章を境に、光と命と自由の物語から、一気に、闇と死と虜の物語に変わる。話は違ってしまう。そう読むのでしょうか。そうではありません。この後の物語は、全て過越祭を中心に推移します。「過ぎ越す」という、そのいわれは、やはり出エジプト記の物語に遡る犠牲の物語です。その小羊の犠牲によって、イスラエルが自由となった物語です。ある学者は、ヨハネ福音書のコア、中心は、ユダヤの過ぎ越しの信仰にある、と書いています。その意味とは、ラザロに何故新生と自由解放が与えられたかと言うと、それはここに新しい過ぎ越しが出現するからである。そうヨハネ福音書は言おうとしているのです。今度は、動物の犠牲ではない。神の子イエスが、犠牲の小羊となられる。そして、十字架の血を掲げて、ラザロを捕らえた闇と死の力を過ぎ越させるのです。その過ぎ越しこそ、主の大声が真(まこと)を宿す、その根拠となる。それは、ラザロだけでない、全人類のために過ぎ越しとなる。そこにヨハネ福音書がどうしても人々に宣べ伝えようとした、主イエスの福音の意味が明らかにされるのです。

 今朝の物語では、その救いの秘儀を予め預言した者がいたと言われています。どんなに信仰深い預言者なのでしょうか。そうではありません。その者とは、紀元18年から37年の間、大祭司であったカイアファでした。この11:47に「最高法院」と出て来ますが、三権分立を持たない、つまり今で言う国会と内閣と裁判所、それから日本基督教団総会が一つになったような、ユダヤ最高権力です。カイアファはそのサンヘドリンの議長であり招集者です。彼の任期中に、洗礼者ヨハネが斬首されました。主イエスは十字架につけられました。主の復活とペンテコステ後、原始教会が伝道を開始した時、その初期キリスト者たちを迫害したのも、この大祭司カイアファでした。教会にとって忘れることが出来ない人物なのです。その彼が、今朝の物語で描かれるように、ユダヤ社会の最高権力者として、主イエスを法的に裁いているのです。その71人で構成される最高法院(サンヘドリン)の議論が、11:47~50に記されています。

 その前、45節にあるように、ラザロの復活を目撃したユダヤ人の多くは、神の大声をお持ちのイエス様を信じました。これは、この福音書を執筆した原始ヨハネ教会のユダヤ人キリスト者の萌芽を暗示していると思います。それに対して、もう一方のユダヤ人、サンヘドリン議員であるファリサイ派の人々や祭司長たちは大変困りました。その理由がこう議論されています。11:48「このままにしておけば、皆が彼を信じるようになる。そして、ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう。」そういう危機感です。当時、ユダヤはローマ帝国に支配されていました。そのため実は、大祭司も、帝国から派遣されたユダヤ総督が任命権を持つのです。それは、ユダヤの宗教的独立の侵害ですが、その屈辱を受け入れて、国もユダヤ宗教も、帝国からようやく公認されていました。それは、かつての明治憲法に似て、帝国の安寧(アンネイ)秩序を犯さない限り、ユダヤ教の信教の自由は許されているということです。ところがユダヤ教の一派としか思えないキリスト教が広まって、多くのユダヤ人がそれを信じるようになった時どうなるか。キリスト教会は、それこそ、ローマの安寧秩序を犯してでも、自分たちの信仰の純粋性を守ろうとするに違いない。教会は我々と異なり、そういう融通の利かない異端だ。もしかしたらそれをローマ帝国は、帝国と上手にお付き合いをしている我々と混同するかもしれない。そして教会だけでなく「神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう」(11:48)。そう恐れた。

 大日本帝国においても、大戦中似たことがありました。日本基督教団が1940(S15)年に施行された宗教団体法によって合同した時、ホーリネスという信仰に対して非常に正直であった小教派も日本基督教団に加わりました。やがて特に再臨のキリストと天皇の世界統治の問題を巡って、戦時中、政府から教会は弾圧を受けるようになる。その時、正統を自認する日本基督教団主流派は、自分たちと彼らの信仰は違うと、ホーリネスの伝統をもつ教会を切り捨てたのです。結局、100名以上の牧師たちが逮捕され、獄死した牧師も何人もおられます。教団はホーリネス系牧師を辞職させ、教会を強制的に解散させ、自分たちへの迫害から逃れました。それから40年後、1984年、私たち日本基督教団は、その誤りを認めて、ホーリネスの関係者とそのご家族を教団総会に招いて公式に謝罪したのです。

 その心に似て、大祭司カイアファがこう言ったのです。11:50「一人の人間が民の代わりに死に、国民全体が滅びないで済む方が、あなたがたに好都合だとは考えないのか。」これが主イエスを死刑にする理由です。そうやってユダヤを帝国から守るのだと言った。この時、カイアファは勝ち誇ったように、49b「あなたがたは何も分かっていない」と言いました。これが知恵だと胸を張ったのです。それは、1943(S18)年、その裁判において、教団指導者が、ホーリネス派が再臨を説き、国体に反することを言うのは、学的程度が低いからだと弁解した、その事実を思い出させるのではないでしょうか。
 しかしヨハネ福音書は、この大祭司の言葉をこう解釈するのです。51「これは、カイアファが自分の考えから話したのではない。その年の大祭司であったので預言して、イエスが国民のために死ぬ、と言ったのである。」イエスを殺すのだ。そして我々は生き残るのだ。これこそ知恵だと、そう言った時に、福音書は、これはカイアファの知恵ではないと言ったのです。そうではなくて、これは彼が自分でも知らない内に預言したのだ、これは、神の知恵なのだ。つまり、カイアファは実は無知なのだと言っているのです。しかしカイアファが何も分からないまま言ったことと、神様の深い知恵がここで重なる。まるで、表と裏が一枚の紙を作るように、知と無知が一つの真実の言葉を生み出した。どうしてそんなことが出来るのか。神の恐るべき知恵によったのであります。

 私は今から45年前、私の友人、彼は基督兄弟団という、やはりホーリネス系の教会に通う熱血青年でしたが、一緒に聖書を読んで語り合っていた。そうしたら、突然、彼が「ああ深いかな」と叫ぶように言った。その彼の目の輝き、大声、その喜びに満ちた音楽のような声の響きを今でも忘れられません。これは口語訳聖書の訳による、ローマの信徒への手紙11:33以下の言葉です。「ああ深いかな、神の知恵と知識との富は。そのさばきは究めがたく、その道は測りがたい。」そう言って続けます。「だれが、主の心を知っていたか」と。今でも彼の大声を忘れることが出来ない。「ああ深いかな」、使徒パウロはここで福音の深さを語っているのです。イエス・キリストの福音を知った者は、「ああ深いかな!」と感嘆の大声を上げる他はないのです。

 もう一箇所、創世記の短い言葉を司式者に朗読頂きました。この物語は、先ほどの出エジプト記の物語に繋がっていく、その前の時代の話です。これは族長ヤコブの息子たちの兄弟喧嘩から始まります。兄たちは、父ヤコブに溺愛されている弟ヨセフを妬み、チャンスを得ると襲いかかり荒れ野の穴に捨てた。しかし、ヨセフは数奇な運命を経て、奴隷の身からついにエジプトの首相にまで出世を遂げる。その時その地方一帯に大飢饉が起こります。しかしエジプトには、ヨセフの知恵によって、備蓄穀物が溢れていた。カナンの兄たちはその食料を求めてエジプトにやって来る。そして、死んだと思っていた弟ヨセフに再会するのです。弟を虐めた記憶に悩み、ヨセフの前にひれ伏す兄たちに、ヨセフが最後に言った言葉を、先ほど朗読頂きました。創世記50:20「あなたがたはわたしに悪をたくらみましたが、神はそれを善に変え、多くの民の命を救うために、今日のようにしてくださったのです。」(旧93頁)、ある人は、この言葉に聖書全体のテーマが言い表されていると書いています。兄たちは、悪をたくらみ、ヨセフを殺したも同然のことをしました。しかし、兄たちの悪が、しかしヤコブの一家を、さらに多くの者を飢餓から救う善に変えられてしまったのです。
 カイアファだけでなく、聖書は、私たち人間は皆、自ら知恵深いと自惚れる中で、御子イエスに悪をもたらした存在なのだ、と言います。しかし、あに図らんや、その悪を神様は十字架の贖いという良き業に変えて下さった。人間の「あに図らんや」に対して、神の「あに図らんや」が勝つ。この十字架があったから、多くの人の命が救われたのです。死の虜から解放されたのです。ああ深いかな、と叫ばずにおれない、人間の思いを遥かに超えた神の知恵が現れるのです。
 
 さらにヨハネ11:52で、これを書いているヨハネ教会は、一人の人間が死ぬことによって、国民が救われるのだと言う、カイアファの言葉を、もっと広げて解釈します。「国民のためばかりでなく」と、「散らされている神の子たちを一つに集めるためにも死ぬ、と言ったのである。」教会は言う。もうここでは、出エジプトの第一の過ぎ越しとも違う。ユダヤ民族だけを救うのではありません。この春の受難週に起こる、2度目の過ぎ越しは、エジプト人をも救う、ローマ人も救う。新しい過ぎ越しの犠牲の血はもうユダヤ国民だけを救うのではありません。その貴い血は、全世界の人々を、主にあって一つにするのです。一つなる普遍的教会が生まれる。新しい過ぎ越しによってです。私たちは皆、どの国民であっても、犠牲の小羊の死によって、等しく罪が贖われた存在なのです。その一点で結び付くのです。自分は知恵深いなどと自惚れていると日本基督教団のように、バラバラになるのです。私もあなたも、ただ主の十字架によって罪が赦され、ホーリネスの人々が信じ抜いた、再臨主によってラザロ同様に復活させて頂ける者です。みな、神の深い知恵によって一つの世界教会に属する神の子にされたのだ、西片町教会もまた、この2000年前のヨハネ教会にルーツを持つのです。このような素晴らしい教会に私たちが招かれたことを心から感謝したいと思います。

祈りましょう。 主イエス・キリストの父なる神様、あなたの小羊・御子の貴い犠牲によって、今朝も、一つとなって、礼拝を献げることが出来た恵みに心より感謝します。しかしその光と命を私たちに与えるために、御子が闇と死と虜を経験されたことを覚え、これから過ごすレントの日々、私たちの罪を悔い改めつつ過ごすことが出来ますように。


・引用出典は、日本聖書協会『聖書 新共同訳』より 。

聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会  Executive Committee of The Common Bible Translation
           (c)日本聖書協会  Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988



a:141 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional