日本基督教団 西片町(にしかたまち)教会へようこそ!バリアフリーの教会です。 どなたでもいらしてください。

2005年 9月11日 「嵐に堪える望み」

2005年9月11日 「嵐に堪える望み」

  (使徒言行録27:13~37)

 使徒言行録27章、これは旅の物語です。パウロは既に三度の伝道旅行を行ってきました。今回は伝道旅行ではありません。パウロは無実の罪で捕らえられている囚人としてローマへ送られることになりました。パウロの希望通りローマ皇帝の許で裁かれるためでした。それは都ローマの教会と福音を分かち合いたいというパウロの強い願いがあったと同時に、主イエスのご計画でもありました。

 かつてエルサレムにおいて捕らえられ、不安な一夜を過ごしたとき、主はパウロのそばに立って言われました。

 「勇気を出せ。エルサレムでわたしのことを力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない」(23:11)。

 神の言葉に裏付けられたパウロの願いが叶う時が来ました。ローマへの船出の夏がやってたのです。しかしその航海は困難を極めました。逆風に悩まされます。航海全体の半ばに当たります地中海に浮かぶクレタ島に到着した時は予定を大幅に遅れ、もう秋の終わりとなっていました。クレタ島で越冬する他はなくなりました。この時停泊していた「良い港」(27:8)は名に反して条件の悪い港でした。僅か65㎞ほど西に島を回れば、北風が吹き込みにくい越冬に相応しい「フェニクス港」(27:12)がありました。そこで船長を初め、大多数の者がフェニクスに回ることに賛成しました。しかしその中にあって、使徒パウロだけは、この「良い港」から動いてはならないと主張したのです。勿論、囚人パウロには何の権限もありません。彼は船の素人に過ぎない。だから皆パウロの意見を無視しました。

 南風が静かに吹いています。舟はスルスルと港を出ます。ところがその直後、「エウラキロン」(27:14)訳せば「北東風」と呼ばれる暴風が、島から吹きおろしてきまして、舟はあっという間に沖へ流される。それからは修羅場です。船乗りたちはあらん限りの知識と力を奮って風と戦い続ける。しかし勝てません。

 古代イスラエル人にとって、海は怪獣の住む不気味な世界と覚えられていました。その得体の知れない姿がここにも現れるのです。「南風-」(27:13)それは、まるで舟を誘っているかのようです。

 しかしこのような不気味さとは、私たちの人生行路にもあるのではないでしょうか。私たちの人生にも甘い南風のようなものが手招きすることがあります。そこに行けばもっと楽しくなると思って船出していった時、流され溺れてしまうことがある。また「大多数の者の意見」(27:12)ともあります。人間の経験、知識、そして多数意見、そこに生まれる揺るぎなき確信、それもまた甘い罠になります。本日は、国政選挙があります。街頭で大声が連呼される。多数決で決する。しかしそれが大声と甘い罠で定まる時、どんなに危険な選択が生じるか。

 最初これはパウロの伝道旅行ではないと申しました。しかし伝道者はいつでも伝道するのです。24時間、いつも神の言葉を帯びるのがキリスト者であります。パウロはその神の知恵をもって、その船出の危険な罠を見抜きました。「皆さん、わたしの見るところでは、この航海は積み荷や船体ばかりでなく、わたしたち自身にも危険と多大の損失をもたらすことになります。」(27:10)

 この船に伝道者一人は乗っている。27:1には、「わたしたち」とありまして、この箇所が「我ら章句」であることが分かります。ですから、ルカ、そしてテサロニケ出身のアリスタルコ(27:2)がここに同船している。少なくても3人のキリスト者はいた。彼らは少数です。専門家でもない。しかし船(家庭、人生、国家)が難破しないために、キリスト者の取り次ぐ神の言葉を聴き、神の知恵を求めることが危急の際どんなに大切なのか、ということが既にここで言われているのです。

 ある人は、ここで、何故、船長、船主たちが、少しでもクレタ島の西へと主張したのか。それはただ人命の安全ということではなくて、実は、船に積んでいる商品を春、どの貿易船よりも一番先にイタリアに届け有利な商売をしたいと願っていたからだと注釈しています。そうかもしれません。人間はそのように、一番大事なものを後回しにして、実はさほど大事でないことを、最優先事項として突き進むことがあるのではないでしょうか。

 主イエスは言われました。「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。」(マタイ16:26)

 船乗りたちは、波に飲まれそうになる中、最初は何とかして積み荷を守ろうとしたに違いありません。ところが翌日になると、事態はさらに厳しくなります。人々は、積み荷を海に捨て始めました。そして三日目には、船具までも投げ捨てる事態になりました(27:19)。せっかく遭難初期に、流されないように必死で確保した小舟も、綱を断ち切って流しました(27:32)。命を守るためにはどんな大事な財産も投げ捨てなければならない時があるのです。平穏なときには、自分に幸福と豊かさを与えてくれると思われたものが、嵐の中で、実はそれこそ、私たちを溺れさせる重荷に過ぎなかったことが暴露されてくるのです。

 実は、私たちの人生を襲う「試練」とは、このように、私たちの人生にとって、実は何が一番大切なものなかを指し示すための神の愛の鞭なのではないでしょうか。

 「人の命は財産によってどうすることもできないからである。」(ルカ12:15)

 「幾日もの間、太陽も星も見えず、暴風が激しく吹きすさぶので、ついに助かる望みは全く消えうせようとしていた」(27:20)。船乗りが依り頼んでいた太陽、星の位置による航海技術が全く役たたなくなったことが
示されています。しかしそのように人の知恵が、人の言葉が力を失った時、神の言葉が立ち上がるのです。使徒パウロは立ち上がってこう言いました。「わたしが仕え、礼拝している神からの天使が昨夜わたしのそばに立って、こう言われました。『パウロ、恐れるな。…神は、一緒に航海しているすべての者を、あなたに任せてくださったのだ。』」(27:23~24)。
 神様はいつも私たちを愛しいつも見守り、傍らにいてお言葉をかけていて下さるのです。しかし私たちが自分の声、多数の声、つまり人間の大声の大合唱の中にいますと神の言葉が聞こえないのです。

 「主の御前には非常に激しい風が起こり、山を裂き、岩を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。…火の中にも主はおられなかった。火の後に、静かにささやく声が聞こえた。」(列王記上19:11~12)

 滅びは「必然」である。死な「ねばならない」。しかしその時、パウロは全く逆の意味の「必然」と「ねばならない」を語り始めます。「あなたは皇帝の前に出頭しなければならない。」(27:24)「わたしに告げられたことは、そのとおりになります。わたしたちは、必ずどこかの島に打ち上げられるはずです。」(27:25~26)

 神の「ねばならい」、神の「そのとおりになる」、神の「必然」であります。破滅の必然に、抗う神の救いの必然であります。破滅の「必然」でなく、神の「必然」が勝利する。神の計画のみが勝つ。それを変えることの出来るものはないのだ。一切を支配される神の力。全てを越えて進む神の計画、その信仰が告白されているのです。

 「大水のとどろく声よりも力強く/海に砕け散る波。さらに力強く、高くいます主。」(詩編93:4)

 パウロはその神の言葉の希望の中で、船の中にいる一同に、食事をするようにと勧めました(27:33)。もう14日もの間、人々は不安のために何も食べていませんでした。ここはもう危険が去ったから安心して食事を取ったということではありません。なお嵐のただ中の出来事においてです。

 今は嵐のような毎日で、祈るゆとりはありません。礼拝に行く時間はありません。聖餐も受けません。いつの時代にも、そういう声が聞こえてきます。しかし、その忙しさがもし隣人の生命の安全を守る愛以外の理由、ただ、先の船主の利得のための忙しさだったとしたら、やはりそこで、一番大切なものとは何かが見失っているということなのです。この嵐の中の食卓に与る時、船員たちは、何が本当に大事なのかということを知ったのではないでしょうか。人生の危機の時に、つまり最も心忙しい時に、真っ先にしなければならない最優先のことは、何を差し置いても、主の食卓、
聖餐に与ることだ、ということであります(27:35)。それが私たちをいかなる試練のただ中においても元気にするからであります。「そこで、一同も元気づいて食事をした。」(27:36)


 祈りましょう。  主よ。教会という船も時に難破しそうになります。奢り高ぶりの故に、自らの言葉に酔い、御言葉をかき消してしまう罪を思います。しかし私たちの船のマストは主の十字架であることを覚え、それが故に、罪贖われた者として立ち直り、再び神の国を目指す航海を続けていくことが出来ますように。



・引用出典は、日本聖書協会『聖書 新共同訳』より 。

聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会  Executive Committee of The Common Bible Translation
           (c)日本聖書協会  Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988




a:900 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional